じろうJIROのブログ
40代サラリーマンが娘の中学受験をサポートしています。
中学受験

マンスリー確認テスト夏期-10月の比較2020

スポンサーリンク

こんにちは。

何事もPDCAを回すことが大事といわれます。

Plan、Do、Check、Action。

今回は、ちょっと残念な結果でしたが、テストの振り返りをしっかりやって、前回と何が違っていたのか確認することで、次回のテストでしっかり点数が取れるように、次につなげたいと思います。

SAPIXサピックス10月度マンスリー確認テスト

まずは、全体の結果から。< >内数字は、前回夏期講習マンスリー確認テスト結果。

受験者数: 7374名<7342名>

4科目平均:314.6点<280.3点> (女子)312.3点<274.7点>

3科目平均:255.3点<232.5点> (女子)254.4点<点>

2科目平均:184.2点<162.9点> (女子)183.3点<160.3点>

算数:82.1<71.5点> (女子)79.6点<67.7点>

国語:102.1点<91.4点> (女子)104.1点<92.6点>

理科:71.1点<69.6点> (女子)70.6点<68.4点>

社会:59.3点<47.7点> (女子)57.9点<45.8点>

前回と比較すると、すべての教科で平均点が上がっています。範囲が少ない分点数が取れた結果でしょうか。

今回のテスト振り返ってみます。

算数

予想を上回る結果でよかったです。

落としてはいけない最初の計算問題はすべて正解。大問3以降、少し計算ミスで落としたところありますが、軽傷だったと思います。

算数の力は確実に上がっているので、今の勉強を今後も継続していけば、問題ない仕上がりになるかと安心しています。

「算数を制する者は受験を制する。」

国語

過去最低点を記録。。

消しゴムの消し方があまくて失点はありませんでしたが、接続詞の選択が苦手なようです。

また、本文中から字数ちょうどを抜き出す問題は、似たような意味で解答していましたが、問題文の本文から抜き出せていないということで不正解となっていました。残念。

恐れていましたが、国語は、前回をさらに下回る結果に絶句しています。

でも、絶対に伸び代はある!と信じてみる。

理科

すべて記号の解答。

大問1~3を見事にバランスよく間違っていました。特に苦手というところは見当たらないので、バランスよく勉強すれば大丈夫。

社会

うっかりミスがあり、前回同様詰めの甘さが目立ちました。

一般的な知識が不足していました。もっといろいろ興味を持って吸収してほしいと思います。

まとめ

夏期の前回に比べて点数ダウンとなりました。

前回の結果が少し良かったので、油断して、勉強したつもり、理解したつもりになっていたのかと思います。勉強量の不足も、しっかりと結果に表れたのかと思います。

また次があります。

気持ち切り替えていこう!