じろうJIROのブログ
40代サラリーマンが娘の中学受験をサポートしています。
中学受験

RISU算数。やるなら早く始めた方がいい。

スポンサーリンク

こんにちは。

最近は、タブレット学習が流行っています。

アプリでもいろいろな学習教材がありますが、算数に特化した専用タブレットで学習するRISUを今回試してみました。

RISU公式HP

実際に試してみると、問題がたくさんあり、楽しく勉強できるので、小さいころからやっておけばよかったと思いました。

RISU算数

RISU算数は、先取り学習できるのが特徴です。確かにやってみると、どんどん問題を解きたくなっていきます。

プレスリリースには、”2020年6月28日開催の全国統一小学生テストにて、タブレット教材「RISU算数」の会員が、算数1位(13,701名中)の素晴らしい成績を収めました。”ということで、確かな実績があります。

概要

RISU算数のステージは、94ステージ。きっずは、12ステージ。

全生徒平均先取り学習スピードNo.1、算数検定、中学受験合格続々!ということで、じっくり進めていけば、かなり算数の力がつくと思います。

料金

料金は、基本料金に加えて、月1ステージ以上のペースで学習が進んでいる場合のみ、学習速度に応じた月々の利用料が発生します。

ステージを進めるスピードが速いと料金が増えるという仕組みです。

小学校の途中から始めると、最初の実力次第ですが、ステージクリアが多くなるので、そこそこの金額になるのかと思います。

1週間お試しキャンペーン

いきなり申し込みする前に、お試しすることができます。

1週間お試しキャンペーンを実施していますので、クーポンコード「mio07a」を入力して申し込みしてみてください。

通常申し込みでは、即申し込みになるところ、満足できなかった場合、1週間以内の返品OKです。

RISU算数お試し

RISUきっずお試し

まとめ

学校から帰ってきて、テレビ見て何も勉強せずに遊ぶぐらいなら、タブレットで少しでも学習してほしいと思ったのですが。。。

実際に試してみて、中学受験を目指しているお子さんには、塾と一緒にやっていくのは、少し負担がかかるのかなと思いました。学年にもよりますが。

小学4年生の我が家では、じっくり取り組むという感じにはなりませんでした。というのも、簡単な問題もステージクリアするのに、ステップ問題を解いていくのに時間がかかる。

そして、塾のテキストをこなすことが大変でRISUをやる時間がなかなか取れない。。。

学校から帰っても宿題優先してRISUやらない。。。

受験基礎コースも用意されているようですが、小学校6年分のカリキュラムを終えないといけないので、中学受験用に途中からコースが選択できればと思います。基本を飛ばして、受験用をじっくり解けるといいなぁと思いました。

塾に行く前の小学生になる前ぐらいから進めていけば、復習もできるので、とてもよいかと思います。

楽しく学べるので、始めるなら早めの方がよいです。